一般社団法人「日本セルフプロデュースメイク協会」代表理事の星 泰衣です。
誰でも簡単に実践できる「人生が輝くメイクとファッションの法則」を一人でも多くの方に知ってもらいたいと思っています。
自分のありのままを好きになれて、
「生まれてきて・・・ほんとうによかった!」と思っていただける講座です。
一人一人の可能性を引き出すことが私の使命です♪

星 泰衣☆波乱万丈プロフィール(幼少期〜学生時代)

0
     

    はじめまして!

    人生を変えるメイクアップアーティストの
    星 泰衣(ほし やすえ)です。
    私がなぜ・・・神様からメイクのお仕事を天職として与えられたのか!?

    自分自身で振り返るためにも書いたプロフィールです。
    ちょっと長いので時代ごとにわけました。
    よろしければお時間ある時にお読みいただければ嬉しいです☆


    ****************

    1969
    年、京都生まれ。
     

    一人っ子で、おとなしい性格でした。

    幼稚園の頃から、ピアノ、歌、音楽関係全般を習い始め、
    小学生からは習字や英語など・・・“習い事おたく”のような生活でした。

    その中でも一番好きだったのは、習字。
    習字の中でもひらがなの曲線美に魅了され、

    絶妙な曲線ラインを時間があれば模倣して書き続けていました。


    ラインフォルム
    白と黒のバランスに関心をもち始めたのはこの頃から。

    (今では眉の曲線ラインに人並みならないこだわりを持つ)

    中学では、軟式テニス部に入部。

    もともと色白な肌なのに、一年中真っ黒な生活を送りました。
    (シミの原因となり少々後悔)

    高校、短大時代は、学業よりもバイトに励む生活。

    バイトは、アパレルや高級時計店の店員など。

    お給料の大半は洋服化粧品に使う生活でした。
    (憧れの女優さんなど・・・なりたいイメージにとことんトライしては、失敗を重ねる日々)


    その頃の愛読書は「雑誌Olive」「配色辞典」
    (独学でファッションと色の研究をし、自分自身でコーディネイトを毎日試していた)


    ここまでは、
    好きなこと、やりたいことに一生懸命で、
    自分の可能性に希望を持っていたのですが・・・、

    このあと

    一度目の
    『暗黒の日々』が始まる〜“就職活動”


    家庭の事情から最終面接でつぎつぎと不合格。


    「うまくいかないのは、親のせいだ」
    自分が生まれてきた環境に不満と劣等感を感じました。


    「わたしは生まれてこなければよかったかもしれない」

    生まれてきたことを不幸だと思う日々が始まります。


    そのストレスから、
    肌はボロボロ。ニキビだらけの顔。

    自分の肌も顔も、すべて嫌い!!
    (その頃の写真は、ほとんど残っていません)

    このように自分に自信がなく、
    自分のことが嫌いな学生時代でした。

    自信のない自分を、隠すためにも
    その後さらに、ファッションの研究に努力を重ねることになります・・・。


    社会人時代につづく・・・




     

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM